ENTRY!

scroll

RECRUIT SITE 2021

scroll

「ココロ」と「質」に
こだわる映像を
一緒に作りましょう。

技術が進んだ現在、映像は誰でも手軽に作れる時代です。
そんな中、私たちが追及しているのは「映像で何が残せるか」。
情報を伝えるだけの映像ではなく、見ることで感情がわいてくるような作品を作ること。
その時、何が一番重要かを見極めて、如何にクオリティを高められるかを考えることです。

時代によって、映像媒体は移り変わっていきますが、映像作りの本質は変わりません。
とにかく、映像が好きで、人とつながる事が好きな方、
是非当社への応募をお待ちしております。

WORKS

制作実績のご紹介

当社では、TVCMやWEBコンテンツなどの広告映像を数多く制作しております。

JOB DESCRIPTION

募集職種のご紹介

プロダクションマネージャーとは?

プロダクション
マネージャーとは?

プロダクションマネージャー(PM)とは、映像制作のクリエイティブ業務全般を管理する非常に重要なポジションです。クライアントとの打ち合わせから、企画立案、 撮影準備、撮影、編集、納品、納品後のケアまで幅広く携わっていただきます。

企画・演出とは?

企画・演出とは?

TVCMなどの映像の企画を考え、決定した企画に対して演出コンテを作成します。具体的な演出プランを練り、それを実現するためのスタッフを選定し、撮影から編集まで演出します。映像の知識以外にも、幅広い分野に関する見識や斬新なアイデアを提案出来る豊かな感性が求められます。

STAFF INTERVIEW

社員インタビュー

  • 中田 恵里伽(プロダクションマネージャー(PM))

    中田 恵里伽 
    ERIKA NAKADA
    [ プロダクションマネージャー(PM) ]

    映像に日々向き合ってます。
    充実し過ぎるほどにw

    映像とモノづくりが好きでこの業界に入りました。PMは撮影部、照明部、美術部など色々な専門分野の方々とコミュニケーションをとり、協力しながら1つの作品を完成させる楽しさを味わえる仕事だと思います。

    1つ1つの作品が全て違って、それぞれに新鮮な発見があり、日々成長できる環境だと感じます。

    趣味が多いのでプライベートも仕事も両方手を抜かず、充実させることをモットーに頑張ってます。

    2015年入社 東京工芸大学 芸術学部 卒業

  • 笹嶋 直樹(プロデューサー)

    笹嶋 直樹 
    NAOKI SASAJIMA
    [ プロデューサー ]

    自分の世界が
    広がっていく楽しさ。

    他の業界から中途で入社しましたが、気づけば15年。とはいえ、まだまだ業界的にはヒヨッコです。この業界の最大の面白味は、自分の興味のなかったコト・モノに触れ、掘り下げられる機会を強制的にもらえることですね。

    あと、本質的に飽きっぽい性格なので、2~3カ月スパンで様々な業種の仕事が出来るのも魅力の一つです。

    2004年入社 日本大学 芸術学部 卒業

  • 清水 大志(企画・演出部)

    清水 大志 
    DAISHI SHIMIZU
    [ 企画・演出部 ]

    世間に見られる仕事です。

    この業界には「なんか面白そう」という軽い気持ちで入ってしまったので、数年間は本当に苦労しました。周りのスタッフに助けられながら、何とか仕事できています。企画演出の仕事は、企画・撮影・編集など複数の案件が同時に進行していくこともあるので時間の使い方は非常に大切です。大変な部分もありますが、完成したものが世間に公開され、様々な反応が見られるところがこの仕事の醍醐味ですね。

    CM、映画、テレビ、音楽、美術、アイドル、などが好きな人は最高の仕事。かも。

    2013年入社 大阪芸術大学 芸術学部 卒業

  • 伊藤 菜月子(チーフプロダクションマネージャー)

    伊藤 菜月子 
    NATSUKO ITO
    [ チーフプロダクションマネージャー ]

    最高の一杯を
    味わうために!

    CM制作という仕事の内容をあまり知らずに入社して、あれよあれよと7年経ちました。7年もいると、どんなに辛かったことも喉元過ぎれば何とやらで、なんだか良い経験してきたなぁなんて思えますし、いつの間にか、たくさんの後輩が出来て、教えられることより教えることが多くなってきているのも感慨深いです。

    そして、まあとにかく飲むのが好きな人が(比較的)多い業界です。うまいビールを飲むために仕事を頑張っていると言っても過言ではありません!(笑)

    2013年入社 京都造形芸術大学 芸術学部 卒業

  • 松森 勇太(プロダクションアシスタント(PA))

    松森 勇太 
    YUTA MATSUMORI
    [ プロダクションアシスタント(PA) ]

    新しい発見と
    出会いが尽きません。

    入社一年目は、社会人と学生の違いを実感できた気がします。会社に入って驚いたことは、学生の時とは比べようもないほど、意識や考え方を見られていて、自分みたいな新人の言葉に対しても真剣に向き合ってくれることでした。自分も作品を作り上げていく一人なんだと実感すると仕事へのやりがいや楽しさをより強く感じられました。

    それと、幅広い世代や職種の方との出会いがあるだけでなく、いっぱい美味しいお店を知れるのも良いですよ!

    2019年入社 大東文化大学 経営学部 卒業

TRAINING SYSTEM

社員育成システム

社員育成システム

  • 新入社員研修

    当社では、1日でも早く、映像制作のプロフェッショナルとなれるように、社内の基本的なことから、制作業務に関わる様々な事柄を入社から1週間ほどかけて直接先輩社員たちから学びます。

    ■社内研修
    Photoshop、Illustrator、Premiere ProなどのPCスキル訓練やオーディションやロケハンの実技訓練など

    ■社外研修
    社会人マナー研修 / 制作技術基礎講習会など

  • メンター制度

    新入社員一人につき一人、経験豊富な先輩が担当し、成長の手助けをします。

  • 福利厚生

    退職金制度、定期健康診断、研修補助金制度、映画・芸術鑑賞費、社会保険完備、
    総合福祉団体定期保険、保養所など

RECRUITMENT

採用情報

MESSAGE

代表よりメッセージ

株式会社21インコーポレーション 代表取締役社長 脇田 歩 よりメッセージ

就活生の皆さん、はじめまして。
21インコーポレーション社長の脇田です。
私も「映像を作ること」を仕事に選んだひとりで、
普段はディレクターとして企画や演出をしています。

「映像を作ること」を仕事として選ぶというのは、
かなり勇気のいることだと思います。
本当に自分に向いているのだろうか?
ちゃんとやっていけるのだろうか?
体力的にも精神的にもついていけるのだろうか?
様々な不安があることでしょう。

それでも、勇気を持ってやってみようという方にとって
会社を選ぶということは大変なことだと思います。

「会社」は「人」で、出来ています。
その会社を判断するのには、その会社の人と会うのが
いちばんではないでしょうか。
皆さんの中には、弊社に興味を持たれる方も
いらっしゃると思います。
会社訪問や面談などの際に、実際に会って
社員一人ひとりから21という会社を感じていただければ幸いです。
将来、活躍される皆さんの第一歩として
弊社がお役に立てるなら
こんなに素敵なことはありません。

株式会社21インコーポレーション
代表取締役社長 脇田 歩